私が実際にやってきた在宅ワーク・アフィリエイトの内容と収入を公開します。

image002

ここ数年で自宅で仕事をする人が急激に増えてきた気がします。

企業もテレワーク(在宅勤務)制度を導入したりと、どんどん自宅で仕事が出来る時代になってきましたね。

振り返ると、私もこの14年の間に数々の在宅ワーク・アフィリエイトをやってきました。

私がやってきた在宅ワーク・アフィリエイトはどんなものだったのか、収入はいくらだったのかを紹介したいと思います。

バナー広告(アフィリエイト)

期間

2003年〜2004年の1年間

収入

月10万〜12万

作業時間

サイト作成に数時間、その後は集客作業と簡単な更新程度。

内容

携帯サイトを作成し、バナー広告・もしくはテキスト広告を貼り、広告がクリックされるごとに報酬が発生。(1クリック40〜45円。)

補足

パケホーダイもスマホもなかった時代。確かアメブロが始まった頃だったと思います。
当時知り合いにこれで月60万〜100万稼いでる方が2人いました。(その方に「3桁の大台に乗りましたよ!」と聞いた時のことは忘れられませんw)

パケホーダイが始まるとクリック単価が15円まで下がり、やがてクリック報酬ではなく成果型報酬に移行していき周りは皆やめていきました。

Webサイト構築

企業や学校など、ホームページのコーディング、ブログ構築。

期間

2007年〜2009年の2年間

収入

最高で月60万。ゼロの月も。

作業時間

案件によりバラバラ。連絡が来るのか基本的に22時以降でそれから仕事。

納期

納期に余裕があることはほぼない。
納期は絶対。スケジュールも頻繁に変更あり。

補足

Web制作会社で働いていたので、その時知り合った営業さんから仕事を頂いていました。
独身時代だったので出来ましたが、保育園や幼稚園に入っていない小さい子どもがいるとかなりハードだったと思います。

子どもの病気などの理由でも納期に遅れることは出来ません。子どもが幼稚園に入った今やるとしても、ちょっとキツイかなという感じです。

Webマーケティング

期間

現在継続中

収入

月9万

作業時間

週4日/1日3〜4時間(時給換算1,200円程度)

納期

納期なし、忙しい時期が月に2回ある。納期はないが結果を出さないといけない。

補足

子どもが幼稚園の時に始めました。
子どもが幼稚園に行っている間や、忙しい時は子どもが寝た後に作業し、子どもが起きている間は作業していません。
今は年130万の扶養内に収まるように働いています。

PPCアフィリエイト

期間

現在継続中

収入

月2万〜6万(広告費除く)

作業時間

空いている時間

補足

ちなみに実務経験有。
初心者がはじめるのは広告費をかけなければいけない点を考えるとお勧めしません。

最後に

バナー広告やPPCアフィリエイトは空いた時間でお小遣い稼ぎを目的に、Web制作やWebマーケティングの仕事は本業としてやっていました。
なんだかんだで、どれも月5万以上の収入がありました。

子どもがいると特に在宅ワークで収入を得えることはありがたいですよね。